お金借りれた

お金借りれた

お金借りれるも返済のため夜の仕事で働くことに

20代前半の時、海外旅行に興味があり、2社から借り入れを致しました。審査は、簡単なもので、収入関係なく、身分証明さえしっかりしていれば借り入れができました。それも、どうかと、おもいましたけど、、、。 月々、約9千から1万5千づつ返済していましたが、利息の計算をしますと、一括で返済すべきだとおもい、OIOIで借りていた分をアコムから返済し、返済先を1社にしました。 月々のお給料から少しづつと思いまし....

≫続きを読む

ダメ人間のために暴力を受けてもお金を借りるのは絶対だめ

最初は、ポケットバンクでの5万の借入。彼の(無職)税金?払いのために連れて行かれ、そこからだんだんエスカレート。 同棲のためにと、敷金礼金のため15万借入。生活を始めると、仕事をしてもらえず、20万を返そうとしていると、「50万まで枠があがりました」と、悪魔の電話が・・・ 「飲み代のツケがあって・・・」「他社からの借り入れを返したいから名前かして」「飲み屋のカラオケこわして・・・」と50万満額借り....

≫続きを読む

ヤバイ業者だけには絶対に手を出さないように

今から4年前の話です。 父の病気の費用葬式などに費用が掛かり 借金の返済が大幅に遅れ、ブラックに載ってしまいました。どこからも貸し入れが出来ない事です。 自営業ですので、資金繰りに困っていてところに、ポストに一枚のチラシが入っていました。 商品を50万購入して 45万を現金化 !私は早速電話を掛けてみました。 名前 生年月日 電話番号 仕事などいろいろ聞かれ、審査しますのでしばらくお待ちくださいと....

≫続きを読む

ギャンブル依存症でお金を借りる 友達は無利息で貸してくれたが

借金をした理由はギャンブルです。主にスロットですが、競馬、競輪、競艇などほぼ毎日やっていました。完全に依存症でした。 当時の私はそれに気づかず借りては失くし、失くしてはまた借りての繰り返しでした。 返済に関しても元本は返さず、金利だけ毎月返済していました。金利だけ返していれば毎月お金を借りられる自由を錯覚していました。次第に借りられる金額も少なくなり、金利だけが異常に上昇していきました。....

≫続きを読む

闇金からお金を借りるのは本当にダメ、絶対。

元々はそれなりの給料も頂きながら、特に不自由は無かったのにちょっとした見栄だったり物欲に対してリボ払いの誘惑が余りにも甘く感じて当たり前に使うようになったことがはじまりでした。 段々と返済の割合が大きくなり、間に合わせの為にキャッシングに手を出せば後は転がるように早かったです。 等々、クレジットカードの返済が間に合わず、取消に。 そしてインターネットでバナーを上げている業者に連絡をしました。....

≫続きを読む

借金してギャンブルからの会社倒産!借りれないときに借りれたところ

私はこれまで何社から融資を受けていました。 会社勤めで結構良い給料をもらっていましたが、ギャンブルにハマってしまいちょこちょこお金を借り遊んでいました。 借りたお金でギャンブルをし「勝ったら返そう」なんて甘い事を考え勝ったらまたギャンブルに・・・返済は給料をもらった際に、最低額を返済していました。 そんなある日、会社がまさかの倒産!!!....

≫続きを読む

フリーターがお金を借りる 生活苦で多重債務でも借りる

私がお金を借りた最初の動機は一人暮らしでした。 当時、私は実家にすんでいたのですが、個人的理由により一人暮らしを始めなければなりませんでした。 しかし私は、貯金などの蓄えもなければ生活に必要な家電等も持っていませんでした。 そこで一人暮らしを始めるのに必要な資金を貯めようかと考えましたが、その金額を独自に見積もってみたところ、約50万円は必要だという結果に至り、それだけの資金を貯める時間がない私は....

≫続きを読む

引っ越したいがどこからも借りれない 社長がお金を貸してくれた

以前、勤めている会社の社長からお金を借りました。 借りた理由は当時住んでいたアパートの部屋が更新の時期になりましたので、それに伴って引越しをしようと思いました。 その部屋には5年住んでいましたし、通勤も往復3時間近くかかったので、会社の近くに引越したかったのです。 しかし、当時僕には貯金がなくて引越しする費用がありませんでした。 そこで勤めている会社の社長に相談して、ボーナスを前借りして引越し資金....

≫続きを読む

父の借金から本気で債務整理を考える毎日に

父は単身で色々なところに仕事に行っていて、年に数回帰ってきていました。しかし、3年前突然何の前触れもなく飲酒をして海に入った父が心臓発作で亡くなりました。 それからと言うもの、父が私達家族に内緒でキャッシングや借金をしていた事が判明し、それを返済する為に自分達の光熱費や家賃なども滞納。もちろんそれまで順調に支払いしてきたカードローンの返済もできなくなりました。 私は安定した国家資格の仕事をしていて....

≫続きを読む

夜間の専門学校の学費を借りたのが始まりだった。

5年前の28歳の時、専門学校へ通うため日本学生機構から360万円の奨学金を借りました。4年制大学を卒業後、出版社で3年ほど営業として働いた後、大学時代にアルバイトをしていた経緯から歯科医院で助手として働いていました。もともと大好きな仕事だったので、本格的に学んで資格が欲しいと思い歯科衛生士の専門学校への進学を決意しました。 田舎から東京へ上京し、大学卒業まで全面的にサポートしてもらった両親へは当然....

≫続きを読む

バイトをしながら不妊治療費を稼いでいると

私は以前不妊治療をしていました。 バイトをしながら治療費を稼ぎ少しづつ貯めては治療費に消えていきました。 不妊治療って思ったよりお金がかかります。四苦八苦していたところを母が伯母に話したのでしょう。 ある日伯母さんから電話がかかってきて「お話があるから家にこれる?」というのです。何かなぁと思ったら不妊治療のお金、少しでも足しにしてと言うのです。....

≫続きを読む

自己破産後にローンを組む際の問題について

母とお金を貯めて、地元に家を建てようということになりました。 私は、東京に住んでいます。老後の住まいとして確保しておきたいということで、決意しました。そこには、母と実家の猫三匹に住んでもらいます。 人生で初めて借り入れをして、私の名義でローンを組みました。 なるべく、頭金を頑張って15年で返済するつもりでいます。ただ、私の年収が低いことと、セカンドハウスの扱いになること、実際に私が住む訳ではないこ....

≫続きを読む

父親が入院したときにカードローンでキャッシングしたが

75歳の父親が転んで、大腿骨を骨折してしまったときのことです。病院に運ばれ、検査の結果複雑骨折をしていることが判明しました。医師によるとボルトを使って骨と骨をつなぎ止める手術が必要だとのこと。 たまたま、運ばれた病院には大部屋が空いてなくて、最初の二日間は個室に入院することになりました。 こういう緊急の時って、お金がないんですよね。たまたま、銀行の口座を作るときにカードローンも一緒に作って作ってお....

≫続きを読む


このページの先頭へ